JKとの援交にアマゾンギフト券を先送りして学んだセフレの作り方
「JKリフレに行って何が面白いのかな。」私は彼氏とテレビのニュースを見ながら JKリフレの特集を話題にしました。「そんなの俺には分からないよ。俺はお前がいればそれだけで充分癒されています。」そんな優しい彼に私は3年付き合った今でも大好きです。同居もしているし、そろそろとプロポーズしてくれるかなぁ。と、ちょっと期待して待っている私。

ところが、彼が酔っ払って帰ってきた時のことでした。彼の脱ぎ散らかした服や鞄の中身などを整理してあげると鞄の中から JKリフレと言うお店の名刺がありました。彼もこういうところ行くんだと知った私はちょっと彼のことを引いてしまいました。次の日、彼に名刺について問い詰めると先輩からもらったと言うあたかも嘘っぽい言い訳を始めました。それをきっかけに私たちは喧嘩をするようになりました。

「お前がいちいち俺の行動を聞いてくるの正直うざいんだよ。」「そんなことを聞くような不安な行動をさせるからいけないんだよ。」同棲始めて半年で私たちは同棲解消をしました。そして別れました。付き合って4年は経たないけれど、正直結婚を考えていたのでこんなことで別れてしまったことに後悔をしています。友達からは次の出会いを探した方がいいと言うアドバイスをよくもらいますが、彼以上の人にまだ出会えていません。まだ彼も彼女が出来ていないと言う噂を聞いたので、もう一度彼と話し合ってよりを戻そうかなと思っています。その時はもう詮索するのはやめようと思います。
援デリとは

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:27


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理